離婚アレコレ

離婚と言うと当然だが暗くて思いイメージがつきまとう。

2,5分ごとに1組が離婚。スポーツ界や芸能界でも毎日のように「古田監督離婚?」やら「木村 拓哉離婚近し」など飛び交っている。

楽しい離婚はそうないだろうから「他人の不幸は蜜の味〜」みたいな感じで当然の事かもしれない。

それでも離婚と言うものをいろんな視点で見てみると、ふ〜ん、そうなんだぁと思えることもある。

たとえば離婚率ナンバー1はなんと沖縄県。

あんなに明るく朗らかな人たちが多そうなのにナンバー1だ。

逆に驚くのは離婚率が低いのが日本海側の新潟県やら富山県。

暗いイメージはコチラの方が強そうだけど。

離婚する割合が多いのは結婚1年目〜5年目がナンバー1。

一時期は成田離婚などと呼ばれる物も一世を風靡したが。

そして時間がある程度経過してしまうと、離婚を考えていてもあきらめやら惰性で離婚を選ばない方たちも多いようだ。

そして離婚が最も多い月は3月。

これはお子様のいる方たちが学年や学校が変わる前に…と考えているからかもしれない。

現在ひそかに?ささやかれているのが「退職金問題の離婚」これを待ち望んでいる主婦たちも多いとか少ないとか。


客観的に他人の離婚問題を見ていると、失敬だが面白いと思うことも多々ある。

離婚て男性側の浮気が一番の理由かな?と思いきや性格の不一致が男女共に1位だ。

もちろん続いての女性側からの理由は不貞行為ですが。

離婚と言うとサヨウナラな感覚が多いが、離婚後も同居を続ける人もいる。

全く連絡を取らず永遠の別れになる人もいるが、お互い何から何まで知ったもの同士。

離婚後のほうが仲良く友達している人も多いと聞く。

まして離婚してなお且つ同居を続け、相手の男性を養っている女性も存在するのだ。


こう考えると離婚と一言で言っても、それはそれは多くの離婚の形があり、経過がある。

復縁する人もいるだろうし、離婚後でもストーカーのように付きまとって警察の御用になる人もいる。

思うに離婚はやはり最終ではない。

精神的にも経済的にも自分を試すという所でもスタートなのかもしれない。

今、離婚を考えている方が少しでも良いスタートをきれたら、素敵だなぁと思うのであります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3650065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック