離婚のケースカテゴリの記事一覧

ケース別離婚の進め方

離婚のケースによって離婚への進め方が異なってきます。

協議離婚の場合は夫婦の意見が一致すれば、管轄の市区町村へ離婚届を提出する形で離婚が成立します。

この場合のちのトラブルをさけるため合意書と呼ばれる取り決めを記した物を残すのがベストです。

行政書士の方に作成してもらうと、法的に問題のないものになるかと思います。

お互いが納得の上協議する文書です。


調停離婚の場合は夫婦の折り合いがつかなかった場合「家庭裁判所」へ協議の場を移します。

家庭裁判所に専用の用紙があり記入して申し込みます。

この際夫婦の戸籍謄本が必要になります。

通常お互いの話しを聞きながら進めていきますが同席調停というのもあり夫婦二人の話を同じ部屋で聞く場合もあります。

この調停で折り合いが付けば調停成立で調停証書が作成され市町村役場へ持ち込むことで離婚が成立します。


審判離婚となると通常はお互いが納得しての離婚となりますが、家庭裁判所の独自の判断で決定される事となります。

審判離婚が下されるのは家庭裁判所での協議の時に出向いて来ないとき。

夫婦のどちらかが審判離婚を望んだとき。

子供の事を考え早急な決断を出さなければならない時などがあります。


裁判離婚は離婚の最終手段となります。

つまり訴訟を起こすと言うことになります。

この裁判を起こす場合は

1:相手の不貞行為
2:悪意で遺棄された場合
3:ひどい精神病などで回復の見込みが無い時

などがあります。

裁判ですので最高裁まで控訴も出来ますが長いと5年かかる事もあると言われています。

結婚生活が維持できないほど破綻している理由と証拠が必要になります。

他に裁判費用の負担・傍聴されるためプライバシーの問題も出てきます。

なかなか精神的苦痛をともなう離婚方法となります。


いづれかの方法で離婚となりますが、裁判離婚は金銭的・精神的ダメージが強いため、ほとんどの場合が協議離婚で終わっているようです。